岩見沢 脳外 脳外科 脳神経外科 医療法人 萌祐会 ゆあみーる 脳ドック 脳卒中 くも膜下出血 脳梗塞 脳出血 脳動脈瘤 専門医療施設 リハビリ 北村 栗沢町 美唄市 三笠市 夕張市 栗山町 月形町 由仁町 長沼町 新篠津村
医療法人 萌佑会 岩見沢脳神経外科 クリニック案内医療施設・施設案内アクセスマップ
HOME脳ドックについて外来診療案内リハビリ案内入院案内医師紹介
地域の皆様の脳にまつわる病気の予防、早期発見、早期治療のために・・・ ぬくもりと信頼
こんな症状ありませんか?院外報ぬくもり
  岩見沢脳神経外科は南空知地域の脳神経外科専門医療施設として、地域の皆さまの脳にまつわる病気の発生率低下を目指しています。その為に、病気への知識を提供し、まずは病気の予防に努めていただくよう、また病気の早期発見、早期治療に心がけていただけるよう、情報を発信していきます。



画像を拡大する
別ウィンドウでPDFが表示されます。
表示されない場合は下記より
アクロバットリーダーをダウンロードしてください。


地域の皆様へより「看護」を身近に感じていただくために、毎年の恒例行事である「看護の日」を行います。

 今年の会場は『いわみざわ健康ひろば』です。

 4月1日にオープンした新しい会場をお借りして、地域の方々に気軽に健康相談をして頂きたいと考えております。そして、この看護の日をきっかけにご家庭でもお互いのケアや助け合う気持ちについて語り合う機会となるように、会場では健康相談、リハビリテーション課、各種検査の紹介や案内をパネル展示や専門スタッフによる説明で行っていきます。


 福祉用品の展示、バルーンアート等の企画も考えています。地域の方々とのふれあい、情報提供の貴重なきっかけとなるよう職員一同お待ちしております。




院長講演
実行委員長挨拶
血圧チェック
 当院は今年で開院16周年を迎え、併設するゆあみーるでは開設12年を迎えました。 3月16日にそれらを記念して、院内で出されている昼食に特別食がでました。



当院では、病院食や職員の食事を株式会社キプラスさんに委託しています。今回の様に記念事や月1回の行事食として、いつもよりもちょっと豪華な昼食が出てきます。 もちろん、入院されている患者さんへの食事も同様の物を提供させて頂いています。
入院生活は日々の変化が少なくなってしまいがちですが、このように食事の雰囲気をちょっと変える事で、患者さんに季節感や毎日の変化を感じて頂ければと思っております。




院長講演
実行委員長挨拶
血圧チェック
 平成29年2月8日、ゆあみーるにて萌佑会研究発表会を行いました。この発表会は、萌佑会内の人・知識・技術交流を目的としたもので、毎年、年度末のこの時期にこの1年での成果を報告する機会として開催しています。




 今年の参加者は100名ほどで、岩見沢脳神経外科・ゆあみーる・ぬくもりの郷の三施設が合同で、発表と意見交換を行いました。発表したものの中には、全国大会で発表したものもあり、充実した内容が多くありました。普段関わることが少ない職種の発表を聞くことで刺激になり、今後の業務に関してもより良い変化が得られると思います。



 チーム医療・チーム介護が注目されている中、このような機会を多く設けることで皆さんへのサービスの向上に努めていきたいと思います。




院長講演
実行委員長挨拶
血圧チェック
 平成28年12月より、外来担当医が変更になっております。

この度の変更により、担当医の外来時間や担当する曜日が増えていることと思います。その為これまでご都合がつきにくかった方や、混雑を避けたい方が、より来院しやすくなることも想定しております。上記のスケジュールをご確認の上、ご来院下さいますようお願い申し上げます。

都合により担当医の変更が行われる場合がございます。また、混雑時には2診体制になる場合がございます。あらかじめ、ご了承下さい。



 9月10日、イベントホール赤レンガにて第16回ふれあい健康まつりを開催致しました。今年はテーマの「認知症」に沿った企画をより充実させ、参加型の新しい健康まつりとなりました。認知症予防チェック(全6種)、ふまねっとふんじゃった、ゆあみーる大人の脳学校、メドマーコーナー、おやすみ処~なごみ茶屋~、認知症バーチャル体験、そして野宮病院と地域包括支援センターにご協力頂いた相談コーナーの全12企画を実施しましたが、どれも多くの皆様にご参加頂き、とてもご好評の様子でした。また、オープニング企画では「太鼓衆 多仲や一門」様に大迫力の和太鼓演舞を披露して頂き、本イベントを大いに盛り上げて頂きました。

認知症チェック

骨密度

ふまねっとふんじゃった

大人の脳学校

なごみ茶屋

認知症バーチャル体験

相談コーナー

太鼓衆 多仲や一門

 森本院長による講演「知っていますか?レビー小体型認知症」では、今話題のレビー小体型認知症をアルツハイマー型認知症とわかりやすく比較した貴重なお話をして頂きました。名前は聞いた事があってもタイプによる認知症の違いは詳しく知らないという方が多いと思いますので、今回の講演は貴重な機会となったのではないでしょうか。

講演中

講演の様子
 今年度は総来場者数1557名と過去最多の来場者数となりました。今後も地域の皆様に足を運んで頂けるふれあい健康まつりを作っていきたいと思います。たくさんのご来場、誠にありがとうございました。

画像を拡大する
別ウィンドウでPDFが表示されます。
表示されない場合は下記より
アクロバットリーダーをダウンロードしてください。


 地域の皆様へ健康についての理解を深めていただくために、毎年秋の恒例行事である「ふれあい健康まつり」を行います。

 テーマは昨年、一昨年に引き続き「認知症」です。今年度は認知症の予防という視点から様々な企画を準備しております。例年よりも体験ブースを増やし、企画体験タイムも長くしているため、ご来場の方々には様々な体験を通じて認知症に関する知識を深めて頂きたいと思っています。

今年は健康チェックを一新し、テーマに沿って「認知症予防チェック」をご用意致しました。従来の健康チェックとは内容が異なりますが、認知症に関わる様々な企画を体験して頂けます。また、野宮病院と地域包括支援センターにもご協力頂き「相談コーナー」をご用意致しております。医療から福祉まで様々なお悩み事を解決できる貴重な機会となると思いますので、ぜひご相談下さい。


当日のプログラム
講演 知っていますか?レビー小体型認知症
  岩見沢脳神経外科 院長 森本繁文
  14:40〜15:20
企画体験

10:00〜
・認知症予防チェック
・野宮病院と地域包括支援センターによる相談コーナー
・出張版ゆあみーる大人の脳学校
・認知症バーチャル体験
・ふまねっとふんじゃった
・至福のやすらぎメドマーコーナー
・おやすみ処〜なごみ茶屋〜
 など

※本年度は頸動脈エコー、動脈硬化度測定等の従来の健康チェックはございませんのでご注意下さい。







先日イオン岩見沢店様にて看護の日を開催いたしました。天候にも恵まれ多くの来場者さんにお越し頂きました。今回は認知症サポーターの紹介や介護用品の展示、脳にいい体操や食べ物の紹介、バルーンアートや白衣での写真撮影、看護師お仕事体験など幅広い年齢層の方に楽しんで頂けるよう企画実施しました。


会場の様子

血圧測定

看護師お仕事体験に参加したお子さんに「大きくなったら何になりたい?」という質問をすると、キラキラした眼差しで「看護師さん〜!」と答えてくれました。また、点滴や注射器に夢中になったり、聴診器で心臓の音を聞いて「本当だあ〜」と声を上げたり、白衣を着てニッコリ笑いながら照れているお子さんと、それを嬉しそうに見るお母さんたちがいたりと印象的な場面が多々ありました。

他にも脳に良い体操や食べ物について熱心に聞き入っていたり、バルーンアートをもらって嬉しそうにしている人たちが印象的でした。


お仕事体験

リハビリ技師に相談

バルーンアート

職員一同

今回もスタッフ一同、皆様とのふれあいの時間を楽しく過ごすことが出来ました。私達の大好きなお仕事や脳に関わることについて少しでもお伝え出来たでしょうか?来年もより一層皆様に楽しんで頂けるイベントにしたいと思います。たくさんのご来場ありがとうございました。

画像を拡大する
別ウィンドウでPDFが表示されます。
表示されない場合は下記より
アクロバットリーダーをダウンロードしてください。


今年も『看護の日』の季節がやってきました。もう恒例となりましたが、今年もイオン岩見沢店様にお邪魔して開催いたします。『看護の日』は本来、ナイチンゲールの誕生日である5月12日ですが、皆様がご来場しやすいよう14日(土)にイベントを行うことにしました。

 今回のイベントでは地域の皆様にも、看護やケアに興味を持っていただくきっかけになればと考え、白衣を着てのお仕事体験や写真撮影・看護師になる為の過程についての紹介パネル、当施設でも取り入れた認知症サポーターキャラバンについての紹介パネルをご用意する予定です。その他、世代を問わず様々な方々に楽しんで頂けるよう、日常生活に取り入れられる脳にいい事や、小さいお子様にはバルーンアートなど、企画の準備を進めています。

 今の高齢化社会では、お互いが看護の心・ケアの心・助け合いの心を持ち、支え合っていく必要があります。このイベントが、そのお手伝いができるようなものになれば嬉しく思います。


 皆様のご来場を職員一同お待ちしています。お気軽に足をお運びください。


当日のプログラム



院長講演
実行委員長挨拶
血圧チェック
◯=萌佑会運動会=◯

10月24日に当院初のイベント「ミニ運動会」が開催されました。


 脳神経外科、ゆあみーる、ぬくもりの郷の職員による白熱した施設対抗戦です!種目は「玉入れ」、「綱引き」、「借り人競争」、「3人4脚」、「ダンボールキャタピラー」、「ムカデ競争」、「リレー」です。


 最後まで勝敗の行方はわからぬまま最終種目のリレーへ。リレーの勝敗により最終順位も大きく左右する局面で優勝を飾ったのはぬくもりの郷!見事総合優勝もぬくもりの郷が勝ち取りました!萌佑会全体でスポーツの秋を楽しく彩ることができました!



◯=院外研修会=◯

 また、10月17日に秋の院外研修を開催いたしました。『東洋医学的機能訓練』をテーマに北療メディカルクリエイト、代表取締役 藤田明博先生にお越しいただき、介護施設などで行っておられる『原気体操』を中心にお話していただきました。

 初めに、座学として三焦・12支経路について、その位置と効能部位を学んだのち、実際に体を動かしながら、ストレッチとマッサージを組み合わせた『原気体操』を行ったのですが、体操の途中から体が温かくなるような感覚があり、会場にいた皆さまからも驚きの声があがっていました。

今回の院外研修は、直接医療に関わる内容ではありませんでしたが、リハビリやレクレーションなどにも応用が利く内容となっており、参加された方からも実際に取り入れるにはどのようにするのか、などの質問もあがり盛況な研修会になったと思います。今後も南空知の皆様に、有意義な研修会が開ければ幸いです。




9月5日(土)に赤レンガホールにて、第15回ふれあい健康まつりを開催致しました。今回は昨年に引き続き「認知症」というテーマでの開催となりました。最近全国で注目されている「認知症サポーター養成講座」や、砂川市で精力的に認知症の活動をされている砂川市立病院の内海先生、また、地域包括支援センター長の小山様など、多くの外部講師の方をお招きして認知症に関わる様々な講演を中心に実施致しました。


院長講演

質問タイム

例年好評の健康チェック等の企画にも多くの方にご参加頂き、たくさんのお喜びの声を頂きました。昨年・今年と2年連続に及ぶ「認知症」というテーマでの開催が、南空知地区の認知症における活動のきっかけになれば、と願っています。


開場の様子

メドマーコーナー

ふまねっと

動脈硬化度測定

認知症簡易チェック

健康チェック

相談コ−ナー

会場案内

総来場者1061名と今年も多くの方々にご来場頂きました。来年度のご参加も心よりお待ちしています。

画像を拡大する
別ウィンドウでPDFが表示されます。
表示されない場合は下記より
アクロバットリーダーをダウンロードしてください。


 地域の皆様へ健康についての理解を深めていただくために、毎年秋の恒例行事である「ふれあい健康まつり」を行います。

 今回のテーマは「認知症〜みんなで知識を深めましょう!〜」です。昨年に引き続き『認知症』について、講演等を交えながらお伝えしていく予定です。今年は、『認知症サポーター養成講座』も実施!さらに、認知症簡易チェックや予防体操、毎年恒例の健康チェックといった各種コーナーをはじめ、ステージでは、迫力のあるよさこい演舞もありますので、多数のご来場ご参加お待ちしています。


※10:00〜11:00の間は『認知症サポーター養成講座』のみの実施となります。健康チェックコーナーは11:20からの実施となりますのでご了承下さい。

当日のプログラム
講演
(14:00〜)

身近な病気、認知症
  岩見沢脳神経外科院長 森本 繁文

みんなで支え合おう認知症
  砂川市立病院 認知症疾患センター長 内海 久美子

岩見沢における認知症施策について
  岩見沢市健康福祉部高齢介護課
  地域包括支援センター長 小山 仁
お楽しみ ■認知症サポーター養成育成講座
実施時間(10:00〜11:00)
※この時間中は健康チェックは行なっておりません

■よさこいソーラン演舞
【北海道文教大学〜陽燕〜】
健康チェック

11:20〜13:30
身長、体重、体脂肪率、握力、血圧、転倒危険性チェック、メドマーコーナー、動脈硬化度測定、頚動脈エコー、相談コーナー、ふまねっと、認知症簡易チェックなど
※一部の検査では人数に制限があります







会場入口

血圧測定

5月9日(土)イオン岩見沢店にお邪魔し1Fダイニングプラザにて、第14回看護の日のイベントを行い、昨年よりも多くの皆様にお越しいただき、たくさんの方々とふれあうことができました。
今年は「あなたの健康を守りましょう」のテーマのもと、健康チェック・転倒予防ストレッチ・脳ドックのパネル展示などを中心に、健康に対する関心を持っていただき、それに関する知識に触れる機会をご用意することで、皆様の健康の増進にお役に立てるよう、スタッフ一同心をこめて企画・実施いたしました。


バルーンアート

白衣体験

ふれあいコーナーのバルーンアートも大好評で、お子さんたちの可愛い声でにぎわい、持ち帰られたバルーンを見るたびに企画して良かったと思いました。白衣体験もたくさんのお子さんに体験していただき、写真の中の多くの笑顔を見ることができ嬉しかったです。普段とは違う形で、病院とあまり関わりのない若い方にも、より身近に感じていただけるよう企画しましたが、いかがでしたでしょうか。看護を身近に感じていただき、健康への関心を深めていただくきっかけになることがでれば、大変嬉しく思います。

この度は、たくさんの方のご来場に感謝しております。ありがとうございました。

画像を拡大する
別ウィンドウでPDFが表示されます。
表示されない場合は下記より
アクロバットリーダーをダウンロードしてください。


地域の皆様へより『看護』を身近に感じていただくために、毎年の恒例行事である「看護の日」を行います。
今年も病院の中から飛び出し、イオン岩見沢店様にお邪魔しまして、皆さんと楽しく触れ合いながらご自身の健康について理解を深めて頂けるよう計画をしています。昨年同様、展示や体験を多く取り入れた親しみやすい内容となっております。

皆さんの健康について考えるきっかけとなるよう、血圧測定や健康チェックを企画しております。また、脳ドック紹介パネルの展示の他に、リハビリ課職員による転倒予防講座を行います。その他、医師や看護師の白衣を着て記念撮影ができるコーナーや、お子様が楽しめるバルーンアートもご用意しており、昨年とはまた違った内容でお楽しみ頂けるイベントとなっております。

前回に引き続き今年も店舗の中での開催となりますので、お買い物の合間など、お気軽にご来場くださることをお待ちしております。


当日のプログラム



院長講演
実行委員長挨拶
血圧チェック
 平成27年1月27日、認知症サポーターキャラバンが開催されました。



 この度、認知症サポーターキャラバンに対する勉強会に萌佑会の岩見沢脳神経外科・ゆあみーる・ぬくもりの郷で参加しました。 参加者は80名ほどで、認知症とはどのようなものか、認知症の人に対する関わり方やサポーターとしてのありよう等を岩見沢保健所より保健師の方にお越し頂き、言葉と映像をまじえて分かりやすく説明して頂きました。

 実際のやりとりや分かりやすい例を挙げて頂き、態度や言葉遣いの違いで相手に対する印象や理解の差が生まれることなど、認知症の方に対する対応を今一度確認するだけでなく、看護師や介護士などといった直接対応する職員以外への関心や理解が高まったと思います。



 勉強会の最後に認知症サポーターの『目印』としての『オレンジリング』を頂きました。今後、このような活動を通して、地域の皆様のお力になれるような施設となれるように、法人全体で取り組んでいきたいと考えています。




院長講演
実行委員長挨拶
血圧チェック
医療法人萌佑会 各施設紹介動画をアップしました!











健康チェックコーナー

健康まつり会場

毎年の恒例行事である、ふれあい健康まつりを9月6日(土)に行ないました。今年度は、晴天にも恵まれ、過去最高の1183名の来場があり、大変うれしく思います。

今年度は、初の分野である「認知症」がテーマでした。認知症という病気は、奥が深く、脳神経外科は認知症の専門医ではありませんが、脳外科医からの視点で、浅く、広く、皆さんに知って頂きたく初期症状や認知症のタイプについて説明をさせて頂きました。当日はたくさんの方々(300名以上)に聞いて頂けたこと、スタッフ一同大変うれしく思っています。次年度の第15回ふれあい健康まつりのテーマも「認知症」をテーマにし、今年よりさらに奥に入り込み、皆様に知って頂き、健康意識を高め、生活に役立てて欲しいと思います。


相談コ−ナー

よさこい演舞

今年度は、初の認知症がテーマということもあり、認知症予防体操、認知症簡易チェックを新企画として、来場して頂いた皆様に体験して頂きました。毎年好評の健康チェックを通して、皆様の健康意識の高さがみてわかり、今年も健康まつりを開催出来たこと、このような機会を設けることができ、感謝致します。オープニング企画では昨年好評であったよさこい団体様に来て頂き、会場全体をおおいに盛り上げていただきました。


メドマーコーナー

転倒危険性チェック

動脈硬化度測定

転倒予防体操

相談コーナー

頚動脈エコー検査

来年の健康まつりでも、皆様の健康に役立つよう企画・講演を行っていきたいと考えていますので、またのご来場を心よりお待ちしています。

画像を拡大する
別ウィンドウでPDFが表示されます。
表示されない場合は下記より
アクロバットリーダーをダウンロードしてください。


 地域の皆様へ健康についての理解を深めていただくために、毎年秋の恒例行事である「ふれあい健康まつり」を行います。

 今回のテーマは「知っておきたい認知症」です。『認知症』という病気について、今年と来年の2年にわたりお伝えしていく予定です。今年は、『認知症』とはどのようなものか、脳神経外科の視点から、分かりやすく、為になる講演を行います。さらに、認知症簡易チェックや予防体操、毎年恒例の健康チェックといった各種コーナーをはじめ、ステージでは、迫力のあるよさこい演舞もありますので、多数のご来場ご参加お待ちしています。


当日のプログラム
講演 高齢者の事故防止
  岩見沢警察署交通課長 上野秀樹

高齢化社会と認知症
  岩見沢脳神経外科院長 森本繁文

認知症と4タイプ
  岩見沢脳神経外科副院長 石崎努
お楽しみ ■よさこいソーラン演舞
 【江別まっことえぇ&北海道情報大学】
  講演時間(11:10〜 12:00〜 13:15〜)

健康チェック

10:00〜13:00
  身長、体重、体脂肪率、握力、血圧、転倒危険性チェック、メドマーコーナー、動脈硬化度測定、頚動脈エコー、相談コーナー、予防体操、早期発見など
※一部の検査では人数に制限があります






院長講演
実行委員長挨拶
血圧チェック

パネル展示

血圧測定

 5月10日(土)イオン岩見沢店1Fダイニングプラザにて、看護の日のイベントを行いました。

 今回の『看護の日』は、地域の皆様とより触れ合うことができるよう、イオン岩見沢店にお邪魔しまして、お買い物の際に気軽にお立ち寄り頂けるよう開催いたしました。多くの皆様に触れ合うことができまして、私たちにとっても非常に有意義な時間だったと思います。今回のイベントで「医療、看護について興味・関心を持った」という感想を聞きますと、このようなイベントを企画して良かったという思いで、いっぱいです。


健康相談

職業体験

 来場していたお子さんも、白衣の試着を体験し、楽しかった、また行きたい、と言ってくださり、お子さんたちが目を輝かせ、自分の身体に興味を持っていたことは、とても印象的でした。私達にとって『看護』は毎日の仕事ですが、それをもっともっと身近に感じられる、そのようなイベントに今後なっていけたらと思います。この度は、たくさんの皆様にご来場頂けた事を大変嬉しく思っています。ありがとうございました。

画像を拡大する
別ウィンドウでPDFが表示されます。
表示されない場合は下記より
アクロバットリーダーをダウンロードしてください。


地域の皆様へより『看護』を身近に感じていただくために、毎年の恒例行事である「看護の日」を行います。
今年は病院の中から飛び出し、イオン岩見沢店様にお邪魔しまして、より身近に皆さんとお話しできるよう計画をしています。これまでの講演会の形から少し変わりまして、展示や体験を多く取り入れた、親しみやすい内容となっております。

脳卒中を中心としたパネル展示の他に、看護課、リハビリテーション課、検査課、放射線課、栄養課それぞれの職業紹介も行い、『ナースのお仕事体験』、『車椅子体験』などなかなか普段では体験できない企画もご用意しています。

今回は来場の方に、わずかですが粗品も差し上げる予定です。今年は店舗の中での開催となりますので、お買い物の合間など、お気軽にご来場くださることをお待ちしております。


当日のプログラム




CT検査

X線検査

放射線課は、3名の職員が所属し、様々な検査を行っています。外来の患者さんを中心に、MRI検査・CT検査・X線検査を行なっています。他にも、血管造影検査や食道造影検査なども行なっています。

MRI検査とは、非常に強い磁気を用いて体の内部を検査するもので、早い段階の脳梗塞の発見や造影剤を使わない血管の検査など、脳神経外科領域では非常に有用な検査です。ですがその反面、音が大きい、検査時間が長いなどの欠点があります。

CT検査とはX線を用いて体の内部を検査するもので、出血の有無や骨折病変などに有用な検査です。当院では16列の多列検出器を搭載した装置による短時間撮影で、患者さんの負担の少ない検査を行っています。なお、この検査はX線を用いる為、被曝があります。

X線検査とは、レントゲン検査のことで胸部写真や頭蓋骨、頚椎・腰椎など様々な部位の検査をします。骨折の有無や頚椎や腰椎の変形など、多くの情報が得られる検査です。この検査でもX線を用いますので、被曝があります。


MRI検査

MRI装置


検査は待ち時間などが多く大変だと感じるかと思いますが、放射線課は皆さんに安心して検査を受けていただけるよう、これからも取り組んでいきたいと考えています。





リハビリ室

理学療法

当院の3階にあるリハビリ室では、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士によるリハビリが行われています。入院の方を中心として外来・小児の治療も行っており、7名の職員が所属しています。

理学療法では「寝返り」「起き上がり」「立ち上がり」といったすべての基本となる動作を行います。うごかしにくくなった体の機能を最大限に生かしつつ、より負担の少ない動作や姿勢の習得をしていきます。

「作業療法」とは一般にイメージされる肉体労働のような意味合いとは異なり、「トイレにいく」「調理する」「買い物に行く」「仕事をする」等、日常に必要な動作のことを指します。そのため屋外での歩行や階段昇降等、より応用的な動作の習得を目指し、少しでも安心して生活できるお手伝いをします。

言語療法では、呂律が回らない・言葉が出てこないなどの症状がある方に対して、構音訓練や言語訓練を行います。また、嚥下障害のある方に対しても、医師・看護師と連携して訓練を行います。


作業療法

言語療法


患者さん一人一人に応じたリハビリプログラムに沿って治療を行っていき、社会復帰できるようにスタッフ一同取り組んでいます。

■次回予定
第12回ふれあい健康まつり 開催決定
開催日:平成24年9月7日(土)
会 場:イベントホール赤れんが(JR岩見沢駅前東側)
内 容:講演、健康チェック等々

 地域の皆様へ健康についての理解を深めていただくために、毎年秋の恒例行事である「ふれあい健康まつり」を行います。
 今回のテーマは「聞いてスッキリ!めまいの正体!」です。めまいでお困りの方も大変多く、今注目のなでしこJAPAN澤選手もめまい症でした!!身近な症状でありながら、重篤な疾患の危険信号の可能性もある『めまい』について、各専門医の立場から詳しく、わかり易く講演して頂きます。もちろん、毎年恒例の健康チェック、景品盛り沢山のゲームコーナーなども改良しておりますので、今年も多数の来場ご参加お待ちしております。
過去のイベント一覧はこちら
院外報ぬくもり最新号
最近のMRIの特徴
最近のMRIの特徴
院内報VOL.44
最新号の詳細はこちら
ぬくもり一覧はこちら
あなたの脳(からだ)は健康ですか?脳ドックのお問合せ
お問合せ
スタッフ募集
介護老人保健施設 ゆあみーる 詳しくはこちら
社会福祉法人萌佑会ぬくもりの郷

暮らしやすい街を求めて 岩見沢地域生活情報

ページTOPへ
医療法人 萌佑会『岩見沢脳神経外科 TEL:0126-20-1001 北海道岩見沢市8条西19丁目
[平日]9:00〜17:00 [土]9:00〜12:00
[休診日]日・祝祭日
produced