Vol.21-Vol.40

院外報VOl.33

認知症の予防について

認知症の予防には、まず原因となる病気にならないことが大切です。
原因となる病気はいろいろありますが、どの病気も脳の神経細胞が傷つき脳の機能障害をもたらします。認知症の原因は、約50%がアルツハイマー型、約30%が脳血管疾患といわれています。なので…原因となる病気を避けよう!!

脳血管疾患にならなにようにしましょう!!
(1) バランスのよい食事をとりましょう。
(2) 毎日、適度な運動をしましょう。
(3) 水分を充分に摂りましょう
(4) 適量のお酒は良いですが、タバコは止めましょう
その他いろいろ‥‥

詳しくは、「ぬくもり」VOL12.13. 29、その他の生活習慣病のパンフレットなどを見てください。
アルツハイマー型認知症の場合はどうでしょう?
残念ながら、どうして認知症になるのかよく分かっていません。しかし、脳が萎縮してしまうためにさまざまな認知症状が起きていることは間違いありません。だから、脳が萎縮しないようにすると認知症にはなりずらいようです。
一般的に、高齢になっても社会活動をしている場合は、認知症になることは少ないといわれます。社会活動をしている方は、脳をよく使っているので神経細胞が刺激によって活性化されているので脳が萎縮しにくいのです。

脳を刺激しましょう
知的な刺激を求めましょう。
”本を読む”‘‘日記を書く”‘‘手紙を書く”
など脳の神経細胞に絶えず活力を与えておきましょう。

脳のトレーニングをしましょう。
私たちの脳は、何歳になっても鍛えるほどにその働きが活発になり、衰えた脳さえ若返らせることができます。それは、脳を使うことによって神経細胞が活性化され、情報を伝達する神経線維同士のネットワークがどんどん発達していくからです。このような神経細胞のネットワークを強化するのに最適な方法が、文章を声に出して読む「音読」です。
他にも、集中力・表現力・読解力・情報処理能力を鍛えるドリルがあります。

指先を使う遊びをしましょう。
指先あて遊び両手の指に数字を割り当てて、3~4桁の数字を見つけたら、その数字の指を折ってみる。

・コイン当て遊びポケットの中に、いろいろな種類のコイン(10円・50円・100円など)を入れておき、指で探って何円のコインかを当てる。

・指先を使う遊び
紙飛行機、折り紙、お手玉など。

趣味を持ちましょう
趣味を持つことで・・・
誰でも年をとると注意力が衰え、気力も低下し、孤独を感じてしまうものです。
趣味を持ち、毎日を明るい気持ちで生き生きと過ごすことで気力の低下を避けましょう。趣味を通した仲間とのつながりは孤独からの回避になったり、お互いを認めあい支えあう良い関係ができる機会になります。

たくさん笑いましょう
笑うことで・・・
・自律神経の交感神経と副交感神経のバランスがよく機能します。
・免疫細胞の働きが高まります。
・対人関係がうまくいきます。
・前向きな気持ちになれます。
・新しいものを生み出す力が湧いてきます。

関連コラム

作品ギャラリー

previous arrow
next arrow
Slider