脳ドックについて

当院は、日本脳ドック学会認定施設です。

脳神経外科の脳ドックでわかること

当院の脳ドックはMRI検査(MRA含)、頚部エコー検査、血液検査など7つの検査結果を中心に熟練した脳外科専門医が診断を行う、「脳の総合的な健康診断」です。

脳ドックで脳卒中の危険因子がわかります

1. 無症状な小出血や小梗塞
2. 脳腫瘍・血管腫の有無
3. 未破裂脳動脈瘤や血管奇形の有無
4. 脳血管、頸動脈の狭窄や動脈硬化の程度

高性能MRIによる、高速且つ高精細な画像診断

熟練した技師が撮影し、熟練した脳外科専門医が読影することによりさまざまな異常の早期発見が出来ます。
心臓ペースメーカー、体内埋め込み装置(ICD、人工内耳神経刺激装置)他、2ヶ月以内に体内への金属留置された方はMRI検査を受けることができません。また、閉所恐怖症、妊娠中、入れ墨、かつら、増毛スプレー使用中など、条件によっては検査が行えない場合がございますので、ご了承ください。
ご不明な点がございましたら当院までお問い合わせください。

作品ギャラリー

previous arrow
next arrow
Slider