通所リハビリテーションとは

通所リハビリテーション(デイケア)は、介護認定を受けており、ご自宅で生活される方が生活機能の低下により支障が生じた場合に介護認定を受けられた方を対象とした介護保険サービスです。自立した日常生活を送れるよう、リハビリテーションを行うことで、身体機能の維持・回復、生活機能の維持・向上を目指します。
ゆあみーるデイケアでは、ご利用者一人一人の豊かな生活を考え、主治医の指示の下、専属のリハビリ専門職(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士)がご希望やケアプランに沿った目標設定とプログラムの立案を行います。
自立支援や社会復帰を念頭に置き、「してもらうリハビリ」ではなく、「自ら取り組むリハビリ」の提供に力を入れています。ご利用者主体となり通所中のすべての活動をリハビリテーションの一環として取り組んでいただいております。
ご利用時間は朝から夕方までの一日利用と、短時間でリハビリに特化した半日利用のご希望に応じた利用方法を選択することが出来ます。

 ご利用中の流れ

リハビリ

専門職(PT・OT・ST)による個々の生活に即したリハビリを行います。

食事

7種のメニューからその日好きな食事を選ぶことができます。
特に行事食は美味しいと評判です。

趣味活動

作成や園芸等、個々の趣味を生かし活動しています。
完成させる達成感を得る事ができます。

ボランティアの来設

書道、歌、お花、演劇等で、毎月楽しませて頂き、笑顔があふれています。

集団レクレーション

週毎に変わる様々な運動やゲームで競争心を感じながら楽しんで頂けます。

リハビリレクレーション

リハビリ職員による専門的な運動を集団で実施します。

外出レクレーション

外出先での食事・買物等を企画し、他者との交流機会をもてる毎年人気の行事です。

イベント(年間行事)

敬老会やクリスマスと様々な行事を行います。
職員の余興やプレゼントも楽しみです。

 通所介護(デイサービス)との違い

1. サービス提供内容や利用目的

入浴や食事、交流やレクリエーションに加えて、リハビリテーションを主としたサービスの提供を行い、機能回復や社会復帰を目的としています。

2. 配置されるスタッフ

介護職員、支援相談員に加えて、専属の看護師、リハビリ専門職(理学療法士3名、作業療法士1名、言語聴覚士1名)のスタッフが働いています。

3. 機能訓練(リハビリテーション)

医師の指示や、必要度に応じた機能訓練をリハビリ職員がご提案、提供しています。

4. 利用料金

通所介護とは異なる点があります。下の料金案内をご参照していただき、ご不明点がある際はお気軽にお問合せ下さい。

ご相談・お問い合わせ

通所リハビリテーションと通所介護は、社会的交流を図る目的は同じですが、日常生活の介助を主とし、レクリエーション等を通じて生きがいを見つけることが主な目的のデイサービスとは異なりますので、ご利用の選択をされる際には、ご検討してみて下さい。

作品ギャラリー

previous arrow
next arrow
Slider